Q&A|船舶免許の取得・更新ならベルソンボートライセンススクール


Q&A

船舶免許Q&A

船舶免許の取得に関するよくある質問にお答えしています。この他にも不明な点がありましたらお気軽にベルソンまでお尋ねください。

ボートならすべて免許が必要なのでしょうか?
公園にある手漕ぎボートなどには免許は必要ありません。自転車と同じ位置付けになります。
ボートの免許にはどんな種類がありますか?
ボートの免許(以下船舶免許)は船の大きさ(総トン数)と航行区域(どこまでなら航行していいか)でわかれます。

ベルソンの講習で取得可能なのは以下の4種類です。ちなみに2級免許は1泊2日の合宿コース格安コースでの取得も可能です。

初心者はどの免許を目指せばいいでしょうか?
「大型クルーザーに乗りたい!」という方でなければ、2級船舶免許がおすすめです。取得も簡単で、バスフィッシングや近距離のクルーズなどの手軽なマリンレジャーが楽しめます。
外洋に出て釣りをしたいのですが、2級では無理でしょうか?
外洋に出て大型の魚を釣りたいという方には1級をおすすめします。2級は海岸から5海里(9.26km)の距離までしか航行することができません。
法改正で、級4旧から1級へのステップアップができると聞いたのですが…。
可能です。実技試験免除、学科試験も一部を免除して1級の取得が可能になりました。詳しくは限定解除スクールをご覧ください。
ベルソンの合格率はどれくらいですか?
平成26年度の合格率は以下の通りです。
学科試験 実技試験
1級 80.6% 1・2級 100%
2級 94.2% 特殊 98.1%
特殊 95.6%  

高い合格率を誇るベルソンの講習は少人数制を採用しています。小規模だからその場で聞ける、その場で納得できる、精度の高いレクチャーが可能なのです。

ベルソンの講習費用に受験料は含まれていますか?
はい、すべてのコースで実技・学科ともに受験料込みの料金を掲載しています。当サイトで掲載している以上の費用はかかりません。
視力などの基準はありますか?
船舶免許の取得には年齢制限と身体基準があります。詳しくは免許取得条件をご覧ください。なお、身体に障害があってもその程度によっては取得が可能になるので、詳しくは国家試験実施機関である財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会にご相談ください。

財団法人日本海洋レジャー安全・振興協会 連絡先一覧

北海道事務所 0134-32-5123
東北事務所 022-298-5432
関東事務所 045-201-1222
北陸信越事務所 025-283-1996
中部事務所 052-331-0185
近畿事務所 06-6882-5846
中国事務所 082-227-5323
四国事務所 087-822-1194
九州事務所 093-332-1537
沖縄事務所 098-861-0474
独学での受験は可能ですか?
可能です。そこまで難関な試験ではないため、販売されている参考書をもとに学習すれば学科試験に合格することは可能でしょう。ベルソンでも学科試験対策を独学制にしているコースがあります。
船舶免許には自動車の運転免許と同じように更新の必要があるのでしょうか?
はい、あります。船舶免許の有効期間は5年間で、更新しなかった場合は免許失効となります。有効期限の1年前から更新申請ができますので、まずは免許証の有効期限を確認してください。
更新せずに有効期間を過ぎてしまいました。もう一度試験を受けなければいけませんか?
更新し忘れた場合は失効となります。再度受験の必要はなく、失効再交付申請によって再交付を受けることができます。なお、失効再交付申請は更新申請よりも費用が高くなりますのでご注意ください。
引越をしたら船舶免許にも住所変更が必要でしょうか?
はい、必要です。同様に紛失した場合も手続きが必要になります。ベルソンが申請代行いたしますので、お気軽にご連絡ください。船舶免許の更新・失効の詳細はこちら

PAGE TOP