船舶免許のブログ|1級船舶免許の取得・更新ならベルソンボートライセンススクール


3月11日 実技講習日☆

先週に引き続き、芦沢が担当でございますm(__)m

今日は今年2回目の実技講習でしたー 朝は雪の舞う曇天でしたが、日中は陽射しが暖かく感じられる良い天気でした(^o^)

3月にしては風もなく、絶好の船日和でしたね(*´ω`*)

車の運転と船の運転で大きく違うのが、風や潮の流れの影響を受けるという点です。

これは、風を帆に受けて進む帆船、ヨットに限った話ではありません。

エンジンを搭載した動力船でも外力の影響を受けます。

その外力の影響を加味しながら速度や舵を操ることができるか…それが船の運転の難しさです。

車の駐車と、船の桟橋への着岸を比較してみましょう。

車の駐車の場合、車はタイヤの向きに従って動き、それ以外の動きは一切ありません。

ぶつかりそうな時はブレーキを踏めばすぐに止まってくれます。

船も舵に従って動きますが、風や水の流れがあれば、その分だけ船は流されます。

船にはブレーキがありませんから、その場に停止することはできません。

プロペラを止めても、水の抵抗で減速はしますが惰性で動いていきますし、外力があれば常に流され続けます。

この「惰性」と「外力」をデメリットではなく、メリットとして使いこなすことができれば、それが船の運転の「巧さ」なんだと思います。

簡単なことではありませんが、船乗りであるからにはやはり「流れ」を読まなくては!

なんて思う今日この頃でしたw

PAGE TOP