船舶免許のブログ|1級船舶免許の取得・更新ならベルソンボートライセンススクール


9月11日 海図講習会

こんにちは!インストラクターの坂本です(^^♪

今日は高尾のベルソン事務所にて
海図講習会を行いました!

今回は2名の方が参加です。
お二人とも2級小型船舶免許からのステップアップで
1級へのチャレンジです。

ステップアップでは、実技試験と、学科の問1~問50までの免除が使えますので、
学科の問51~問64までの14問が試験内容となります。

問題数が非常に少なくなるので、
勉強する範囲も少なくなりますので、
受験しやすいように感じますね。
しかし、直1級の学科の受験時間が2時間20分なのに対し、
ステップアップでは問題数が減りますので、その分時間も1時間10分と短くなります。
2級との共通問題である問1~問50までがはやく解けてしまえば
残った時間は問51以降にまわせますので
海図にとれる時間も長くなります。
一長一短ありますが、1級を取得するのに
直1級かステップアップどちらかを選ぶ際の参考にしていただければと思います。

 

海図の間違いやすいポイントの一つは
コンパスローズの内側を使うのか外側を使うのかというところですね。
外側が真方位、内側が磁針方位を指しています。
真方位と磁針方位の差が偏差です。

試験で出題される海図の問題では、
問51・問52では内側の磁針方位メモリのみ使用します。
問53では、真方位メモリを使用しますので、特に混乱する方が多いので
みなさん特に注意して問題に取り組んでくださいね!!

 

海図の講習会は今後も開催予定ですので
ご希望の方はベルソン事務所にお問い合わせ下さいね!

PAGE TOP