4月18日 2級小型船舶国家試験&特殊小型実技講習のブログ|船舶免許の取得・更新ならベルソンボートライセンススクール


船舶免許のベルソンHOME > ベルソンボートライセンス スクール 公式BLOG ベルブロ! > 船舶免許 > 4月18日 2級小型船舶国家試験&特殊小型実技講習

4月18日 2級小型船舶国家試験&特殊小型実技講習

こんにちは!インストラクターの葭沢ですっ(*^-^*)

本日は2級小型船舶の国家試験と、併行して特殊小型の講習でした!

 

いやー朝から雨でしたね(>_<)

しかもザーザーと…4月といっても河口湖はまだ寒いですから、雨に濡れると芯から冷えますね(._.)

昼からは風も強くなってダブルパンチ( ゚Д゚)

かなりの悪条件の中での実施となりました(;・∀・)

 

とは言え、多少の雨風ならば安全に支障はないので、試験も講習も予定通り行っていきます!

雷が鳴ると危ないので中断しますが(;^ω^)

 

2級試験は身体検査からスタートし、学科試験・実技試験の順に実施します。

学科試験は合格基準こそ高くないですが、専門的な知識を求められるので良く勉強してこないと難しい内容です(*_*;

実技試験は操縦の技術よりも、いかに事故や遭難を避けるかがメインになりますので、点検や安全確認に比重を置いた内容になっております。

 

特殊小型の方も基本的な考え方は一緒なのですが、若干ながら操縦技術の比重が高くなります!

マシンが高性能な分、操縦者の技量が求められる部分がどうしても大きくなりますね(;^ω^)

事故例を見ても、1・2級船舶が「見張り不十分」や「船位確認不十分」が要因の多くを占めるのに対して、特殊小型は「操縦不適切」が要因となるケースが多いです!

 

特殊小型船舶はオモチャではありません!

非常に高性能な船舶ですから、操縦者がしっかりと自覚して使いこなしてあげましょう(^^)/

PAGE TOP